絶対に貸してくれる金融・即日融資の業者はブラックの私でも通るのか

絶対に貸してくれる金融とうたっている街金が存在するわけですが、即日融資の業者はブラックリストでも大丈夫なのでしょうか。

日本という社会で人々が生活していく上で確実に必要なものはお金ですよね。そして世の中には物があふれており、自分の生活水準以上のものにお金を使ってしまう人がいるのもまた事実。 それでいて、本来抱えるべきではなかった借金を抱えてしまう人がいるのもまた事実なんですよね。

今回考えてみたいのは自分自身がブラックリストになっていたとしても100万円を借りることができるのかということに関して調べてみたいと思います。

ブラックの人でも100万円を借りられるところがある?!

皆さん、ブラックリストになっていたとすると100万円なんて多額のお金を借りることは出来ないなんて思っていませんか?

どうやら方法によってはなんとかすることができそうです。

実はブラックという思い込みのケース

実はブラックではなかった これは単なる思い込みだったというケースですね。自分自身がブラックリストだと思い込んでいて、どこからも借りることができない借金できないと諦めている人もいるのも事実なんですよね。

しかし実は借入件数が2件ぐらいなればブラックリストではありません。

ここが意外と盲点なんですね銀行や大手の商社金融でも借りれる可能性があるのでまだあきらめる必要はありません。 しかしそもそも100万円というのが多額の借金ということになりますね。忘れてはならないのが年収の3分の1以上の借り入れは出来ないということです。

総量規制法の存在

これがいわゆる総量規制法というものに該当するわけですがここで厄介なのは総量規制法。 しかしこの場合も銀行のカードローンを検討してみてもいいかもしれませんよ。 あまり知られていませんが銀行のカードローンってものは総量規制法ではなく銀行の銀行法というものが優先で適用されます。したがって、年収の3分の1以上であったとしてもお金を借りることができるんですよ。 銀行のカードローンも検討の一つ選択肢の一つとして考えるようにしてみてくださいね。 しかしここでもう一つ注意点があり、銀行のカードローンというものにももちろん審査があります。

そしてお金を借りるわけですから、基本的に銀行は返ってくる見込みのないところにお金を貸したくないというような心理があります。 ですから、銀行で確実にカードローンを受けられるという保証はないのであしからず。 €借り入れの件数が多数あり思うように刈り入れられない場合 もしあなたが借入件数が多く、なかなか借りることができない場合はおまとめローンというローンを利用すればお金を借りれる可能性があるといえるでしょう。その理由について説明すると、おまとめローンというのは、借入件数が多い人向けのようなんですよね。 借り入れ件数が原因で借りることができない人向けのローンといえるでしょう。 こちらも銀行で一度相談してみてはいかがでしょうか?

おまとめローンのお得なケースとしては

複数の借り入れ件数を金利の低いものと一つにまとめて借入をすることで月々の支払いしたよ減らすことも可能である、という一面があるんですよね。

ブラックリストに入っていてもOKな大企業ではない中小金融に相談してみる あ、もう一つの手段としてはブラックリストなっている。またブラックリストの可能性がある時点で借りれる自信がない場合中小企業の金融会社を利用してみるという手もあるでしょう。確実に借り入れられるという保証がないのが難点ですが、比較的融資の実行率が高いというのも事実としてあるようですね。 しかし注意が必要なのがいくらブラックリストがOKと言っても.私がお勧めしているのは闇金ではありませんよ。賃金業協会02しっかりと登録している正規の中小の消費者金融会社を利用することです。 ではなぜこういった中小の金融企業があえてブラックの商社にお金を貸してくれるのでしょうか?本来であれば銀行のようにそう言った少しリスクのある相手にお金を貸さないようにするってのが鉄則だと思うのですが、それについて調べてみたところ中小の金融企業の場合はどうしても大手と戦うことが必要になり大手との差別化をするために圧倒しても、その審査基準を緩くする必要があるんですそうしないとみんな大手の方に流れてしまうてのはやはりありますからね。

そして何度も言いますがお金のか借金というのは法律に基づいた基準が設けられています。これはもう変えようのない事実ですのでいくらがそういった中小の金融危機はだと言っても100%借りられるという保証は一切ありません。例えば現在の職場がかなり安定していた優良企業と認められたのであれば柔軟な対応を取ってくれるともいえるでしょう。

しかしまずは借金をしないという選択肢が1番いいのですがそうであっても借金をしなくてはいけないケースというのはありますよね。どこの金融会社を利用するにしても計画的に利用するようにしたいところですねお金はあくまで人生を目標に到達するための道具の一つですからね。目標を見失わないようにしたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする