お金恵んでくれる人はいるのか・・?【助けてほしい時】

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

お金恵んでくれる人はいる?

あなたはかなり差し迫った状況ではないでしょうか・・・・

  • 結婚が遅く、子供を2人産みおえたのが、37歳。夫は43歳でした。子供が大学まで行くと老後の資金を貯める時間がほとんどない。
  • 一人息子の塾代が思いのほか高くなり、特に受験生になった学年では家計を圧迫している・・・

お金恵んでくれる人はいる? っていないでしょうか。

家族に話せることと話せないことってあるでしょ?お金の貸してなんてとても言えません。

今回は、 お金恵んでくれる人はいる? というあなたに私なりのアイデアを提案したいと思います。

あなたは本当に緊急で、今すぐにでも現金が必要な切迫した状況ではないですか?

まずは結論!この3つの方法が即金に効果があると私は考えています。
NO. 対処法 オススメ度
1 質屋に頼ってみる ★★☆☆☆
2 メルカリやオークションサイトを利用する ★★★☆☆
3 返済計画を立ててカードローンを利用 ★★★★★

・質屋は即金の手段として確かに有能ですが、利率を考えると、その場凌ぎになりがちですね。
・メルカリやオークションはすぐに利用できますが、入金までのタイムラグがありますね。
・カードローンが漠然と怖いというイメージの方が多いでしょうね。
あなたは車の運転を怖いってことあります?・・・・たぶん、無いはず。
なぜかというと、それはあなたが車の運転の仕方、交通ルールを正しく理解しているからです。

ちょっと強引ですが、カードローンも正しい利用の仕方を利用すれば、怖いものではないということです。
つまり、正しい返済計画を立てれればそれほど怖いものではありません。利用の仕方さえ間違えなければ、即日現金を得る手段としてはメルカリや質屋よりも優れているでしょう。

ただし、返済計画立てれないとカードローンは怖いです。これだけは絶対知っておいて下さい。
私が考えるカードローンの立ち位置はあくまで一時的な手段としてお金を得る手段です。借りたものは返す必要があります。
でも、すぐに「お金返す手段がないよ・・・」って方。カードローン会社によっては30日や60日間の無利息期間を設けている会社もあります。

そして、カードローンを利用して、計画的に返済した後は節約してお金を残すのがベストだと思っています。

お金恵んでくれる人はいる? 人それぞれ深い悩みがあるんです・・

お悩み紹介していきますね。 お金恵んでくれる人はいる? どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

なんだかんだ言っても、世の中「金」ですよね?お金が無いと生きていけないし、物を買う事によって心が満たされるし、お金が無いと友達も家族も結婚も手に入れる事すら出来ない。お金イコール幸せ。幸せイコールお金。次に愛情だよね。どう思う?

回答は下記のような感じですね。

失礼ながら、現状認識に誤りがあるのではないかと思いました。命だってお金に左右されてるし、人間がお金を動かしてるのでは無くて、お金が人間を動かしてるんじゃ無いかな。違います。人間(=労働者)を動かしているのは「お金」ではなくて、すべてをお金の問題に論点をすり替えようとしている「資本家」です。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。
でもカードローンやリボ払い、借金になんとなく抵抗はありませんか・・・?

カードローンやリボ払い、借金・・・かなり怖いんですけど・・・
というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

メリット:実践することで固定費を抑えることができます。つまり自然とお金が貯めやすい習慣をつけるということ
デメリット:正直なところ即金性は低いです。でもじっくり貯めれます。

お金恵んでくれる人はいる? 私が考えた根本的な解決策を提案します①

結論です! “携帯電話を大手キャリアから格安SIM契約に変更。

契約中の保険の契約を見直し最小限の保証にする。車の保険はネットですます。”

“日常生活に支障のない固定費で節約をしたので、大変だと感じる事はあまりありません。

格安SIMの通信が不安定だなと思う時があるぐらいです。”

遠いようで実は近道!?安心して、効果はあります

医療保険は月に500円やすくなり格安SIMは月に7000円やすくなり、車の保険は年間1万やすくなった。

“電灯を細かく消すとか、お風呂のお湯を少なめに張るとか、日々の細かな節約は労力の割にリターンが少ないと思います。そんな節約よりも、固定費を下げる事が1番早いですよ。毎月500円の出費ぐらいと考えているなら年間で考えてください。年間6000円の節約になりますよ。

月で考えるのではなく、年間で考えるとやる気が出ます。”

お金恵んでくれる人はいる? 私が考えたアイデア②これならどうかな?

結論を述べていきますよ!
メガバンクからネット銀行に給与振込口座を移して、無料の振込やATMの時間外利用を毎月数回できるようにした。加えて、格安携帯電話会社への変更、義理で入っていた養老保険を解約して掛け捨ての生命保険にした。賃貸のため住宅費節減については賃料の減額をオーナーにお願いした。
毎月の固定費を削減することが効果が高いと思ったので、心理的なハードルは高かったが最初の一歩を踏み出すことで節約につながった。とくに、家賃の減額は更新料を支払う前のタイミングだったので、オーナーに話すにはいいタイミングだったかもそれません。

着実にお金が貯めることは理解できた!でも、何円くらい?

振込料とATMの時間外手数料の節約額は毎月2,000円、携帯電話は妻と私で毎月2,000円、養老保険の解約で30万円ほど戻ってきたのでIdecoに加入して税金が年間50,000円、家賃の減額で月3,000円ほど安くなった。年間合計134,000円は節約できる予定です。

目的を確実に達成!お金が必要なあなたに私から伝えたい・・・

節約のために最初の一歩を踏み出すのは難しいですが、固定費の削減の効果を感じられれば節約のネタは見つかると思います。私も自動車を手放して駐車場代、自動車ローン、自動車保険と税金の節約をしようと考えています。