【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法を教えてほしい

あなたはこんな状況ではないでしょうか・・・・

“お金があったら〇〇したい”今のままで叶いますか?

やりたいことがある
お金が必要

そんな人は今すぐ《行動》

お話聞いたら
やらなきゃ損って思いますよ

・ “車でも長期旅行でもバッグでも何でも構わないが、漠然と大金を使いたいと思っていました。

ですが、突然まとまったお金が必要になった時に1円もないと思い、節約や貯金を意識しました。”
・ ある日通帳残高を見ると予想以上に貯金できていませんでした。理由はお金の使い方に無駄が多いことでした。大きな出費はしていませんでしたが、細かい出費が必要以上に多かったのです。このままだと先々困ると考えて貯金することに決めました。

【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法 ってないでしょうか。

お金に関する話題というのはいつの時代もシビアなわけですが。

【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法 人によって悩みはそれぞれ・・

お悩み紹介していきますね。 【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法 実際の寄せられた悩みを紹介していきますね。

今すぐにでもお金が必要なのですが・・・・どうしたらいいでしょうか?アドバイスお願いします。消費者金融で借りようと思っています。なのですが、正直、消費者金融って良いイメージがあまりありません。実際のところはどうなのですか?

ベストアンサー

消費者金融には「スピード審査」があります。こちらはすぐにお金が必要になった時に50万円程度までなら30分程度の審査で借りることができるというものです。しっかりと考えて上手に借りれば、なんの問題もありませんよ。

回答はこんな感じですね。

【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法 私の体験談をシェアします①

結論です! “支払いはクレジットカードを利用し、ほぼ全ての支出額をポイント還元するようにしました。

現金支払いをする場合は、極力500円玉のお釣りを貰えるように支払いし、500円玉は全て貯金箱に入れました。

食料品などの買い物は、近所の1つのスーパーを利用するようにしました。それは火曜日に少額でも買い物をすると、次の日曜日限定の割引券を配布されるからです。”

500円玉貯金にこだわるあまり、お札がすぐ財布から無くなってしまい不安を感じた事がありました。それからは500円玉は安心のために、すぐに貯金箱に入れず常に4?5枚は財布にいれていました。それ以上貯まってから貯金することにしました。

地味だけど、効果あります!

“クレジットポイントで1万円の商品券を交換できました。

500円玉は貯金は満タンになり10万円が貯まりました。

買い物の割引券は多少のお得につながったと思います。”

“たくさん取り組むと面倒だったり混乱するかもしれないので、まずはひとつだけ、500円玉貯金がオススメです。

コツは、とにかくお釣りの500円玉は使わずに貯金箱に入れるだけ。500円玉貯金箱は100円ショップで購入できます。いちばん小さな10万円をお勧めします。

何度か達成すれば満足感で続ける事ができ、また新たな手段も加えればより貯金を増やすことも出来ると思います。”

体験談「メルカリでカード類・限定品の販売」

メルカリを利用して反響が大きかった商品は、カード類・限定品でした。カード類は主に遊戯王カードと妖怪ウォッチカードです。遊戯王カードは10年以上前の初期カードを多く所有していたので試しに最低価格で出したところ即注文が入り、それならばと500円や1000円と単価を上げて出したものも売れました(レア品に限ります)妖怪ウォッチカードは地元の100円ガチャガチャを回し出てきたキラカードを販売していたところ、これもよく売れました。在庫リスクはありますが、元をとれるくらいの利益になったので悪くないと思います。それ以外には、プロ野球やJリーグで定期的に行っている来場者限定品はよく売れました。スポーツ観戦好きでないともったいなく感じるかもしれませんが、私は観戦好きなだけでグッズは特に興味ないため事前に配布日をチェックし、観戦で元をとり配布品を売って利益にしていました。そういうイベントは平日に行うことが多く、ほしいのに仕事で行けない人や遠方で行けない人が多く出るので意外と高く売れます。

【急なお金の作り方】と長期的に貯める方法 私の体験談②効果あります!

結論から述べます!
無駄な細かい出費を削ることを目標にしましたが、私は大雑把な性格で細かくお金を管理するのは苦手でした。あまり考えなくても、大雑把な人でもお金を管理することを考えました。予算を最初に決めました。例えば月の予算は三万円と決めたら、最初の十日で一万円、次の十日で一万円、最後の十日で一万円使う事にします。財布にはそれ以上のお金は入れないようにします。
最初は上手く行きませんでした。達成できなくとも自分がダメな人間だと思わないように努めました。ちょっと甘いルールにしたりして節約の癖をつけました。長いスパンで達成すれば良いと自分に言い聞かせていました。

お金を作れることはわかった!でも、実際の金額はどれくらい?

節約額は二万円近かったです。お金を無駄に使わなくなったことが大きかったです。コスト意識が出てきて雑な出費は減りました。ちょっと賢くなった気分になれたことが大きかったです。

目的を確実に達成!お金が必要なあなたに私から伝えたい・・・

節約は人間の考え方を変えます。特に無駄な出費を削る作業は、自分の無駄な部分、ダメな部分を削る作業に近いです。達成するまでは大変ですが、だんだん自分が賢くなったような気分になります。結構気持ちいいですし、お金も残ります。